城北伸鉄株式会社

城北伸鉄が製造・販売するみがき棒鋼の解説と、業務の流れをご紹介します。

みがき棒鋼(磨棒鋼とも)は、鉄鋼一次製品のコイルや棒鋼を素材とし、鋼材の表面を引き抜き、切削、研磨などの方法で加工した鉄鋼製品です。このような製品のことを「鉄鋼二次製品」と呼びます。
城北伸鉄は「冷間引抜加工」という方法でみがき棒鋼を製造しています。冷間引抜は、鋼材をダイスと呼ばれる穴の開いた工具に通し、常温で引き抜くことでみがき棒鋼に加工する方法です。

高温で成型される鉄鋼一次製品には、黒皮(スケール)と呼ばれる酸化皮膜が付いており、そのままでは加工に適していません。一方、みがき棒鋼は引抜加工されることにより表面に光沢を持ち、寸法精度と真直性に優れた鋼材になります。これはそのまま部品材料として用いることが出来ます。また、精度の良さから精密加工で重宝されています。

みがき棒鋼はシャフトやボルト、ナット、ネジなどの機械部品に加工されます。自動車や建設機械、電気・精密機械などの機械機器部品として広範囲で使用され、製造業の基盤を担っています。

  1. 1 素材仕入
  2. 2 引抜加工
  3. 3 検査
  4. 4 在庫管理
  5. 5 受注
  6. 6 配達

1 素材仕入

みがき棒鋼の素材を様々な鉄鋼メーカーから仕入れます。
素材形状にはコイル状と棒状の物があり、それぞれ1トン~2トン単位で仕入れます。
通常はトレーラーで配達してもらい、専用のクレーンで荷下ろしして素材倉庫に保管します。

back

2 引抜加工

素材を引抜機にかけて引抜加工を行います。
みがき棒鋼は、ベンディングロールにて曲がりの予備矯正を行い、ショットブラストにて表面の黒皮を除去、ダイスを通して引抜、高速切断機にて切断、双ロール矯正機にて仕上げ矯正、製品端末の角を取る面取と、長い製造ラインを経て製造されます。

back

3 検査

検査機械にみがき棒鋼を通し、表面や内部の疵を診断します。
製品表面の疵を検出する渦流探傷試験と、製品内部の欠陥を検出する超音波探傷試験により、高い精度で疵を発見します。疵が検出された製品は不良品としてラインから除きます。

また、お客様から要望があった場合、あるいは納入した製品に対して苦情を申し立てられた場合には、検査室の設備を用いてより詳細な検査を行うこともあります。

back

4 在庫管理

お客様の手に渡るまで、社内倉庫で保管・管理します。
以前は工場内に製品倉庫がありましたが、現在は新設された本社倉庫に製品を移動して保管します。
引抜後のみがき棒鋼は錆びやすいため、防錆油(ぼうせいゆ)と呼ばれる油を表面に塗ることでサビを防止します。

back

5 受注

製品はお客様から電話やFAXなどでご注文をいただいた後、出荷します。
あるいは、お客様が製品仕様を指定したものを製造・出荷する受注生産という形態もあります。
いずれにしても、お客様にご満足いただける最適な提案ができるよう努めています。

back

6 配達

最終的に、出荷準備が整った製品をお客様へ配達します。
配達後はお客様の下で部品に加工され、様々な機械に組み込まれていきます。

back