城北伸鉄株式会社

採用情報

一本一本を大切に

一人一人を大切に

一歩一歩を大切に

鉄鋼の過去、現在、そして未来

鉄鋼は硬く強靱で、加工も容易です。鉄鋼が戦後日本の高度経済成長を支えたことから、鉄を「産業の米」と呼ぶこともありました。自動車や建築物、工業機械など、あらゆる場面で鉄鋼は人の生活を支えています。
鉄鋼がここまで人々の生活に深く浸透したのは、資源の豊富さによる入手性と、製造条件で様々な性質に変化する柔軟性です。

城北伸鉄が担うのは、鉄鋼の中でも鉄鋼二次製品と呼ばれる「みがき棒鋼」の製造です。みがき棒鋼は自動車や産業機械の部品材料として広範囲に使われています。ベアリング、ネジ、ボルト、ナット、シャフトなどの機械要素に加工され、最終的な用途は自動車、産業機械、家電、建材、その他あらゆる機械部品に使用されています。

近年の鉄鋼業界は発展途上国に脅かされています。みがき棒鋼も例外ではありません。その中で日本の鉄鋼が地位を保っていられるのは、品質の高さ、技術力、そしてそれを支える人材のおかげです。
城北伸鉄が激動の時代の中で存在感を示すには、人材の成長こそが何よりも重要であると考えます。そのために、「一人一人を大切に」の精神で安心して働ける職場を志すことをお約束いたします。そして、会社と社員の関係がただ与え、与えられるだけではなく、互いに自分と相手の発展を考え、よりよい未来を目指していく共生関係を築くことを目標にしています。